出力コンポーネントの設定 - 7.3

Oracle

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Oracle
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Oracle
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Oracle

始める前に

  • Oracleテーブルとシーケンスを作成したこと。

手順

  1. tOracleOutputをダブルクリックして、その[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. Oracle接続の詳細を定義します。
    この例では、データベース接続情報は[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)フォルダー内に保管されています。
  3. [Table] (テーブル)フィールドに、データが書き込まれるテーブルの名前(この例では、TABLE_PERSON)を入力します。
  4. [Action on table] (テーブルへのアクション)リストで、[Default] (デフォルト)のままにしておき、[Action on data] (データへのアクション)リストから[Insert] (挿入)を選択してデータを書き込みます。
  5. [Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、前のコンポーネントからスキーマを取得します。
  6. [Advanced settings] (詳細設定)タブをクリックして、詳細パラメーターを設定します。
  7. [Additional columns] (追加カラム)エリアで、[+]をクリックして、カラムを以下のように追加します。
    • [Name] (名前)フィールドに"ID"と入力します。
    • [SQL expression] (SQL式)セルに、実行されるSQLステートメント(この例では、"sequence_demo.NEXTVAL")を入力します。
    • [Positions] (位置)リストから[Before] (前)を選択して、[Reference column] (参照カラム)リストからnameを選択します。