tOracleConnection標準プロパティ - 7.3

Oracle

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Oracle
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Oracle
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Oracle

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtOracleConnectionを設定するために使います。

Standard tOracleConnectionコンポーネントはデータベースファミリーとELTファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

注: このコンポーネントは、動的データベースコネクターの特定のバージョンです。データベース設定に関連するプロパティは、データベースタイプの選択に応じて異なります。動的データベースコネクターについては、../reuse/../standard/dynamic-database-components_c.htmlを参照してください。

基本設定

データベース

データベースのタイプをリストから選択し、[Apply] (適用)をクリックします。

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-in] (組み込み)または[Repository] (リポジトリー)のいずれかで次の設定を行います。

 

[Built-in] (組み込み): プロパティデータは一元的に保管されません。

 

[Repository] (リポジトリー): プロパティが保管されるリポジトリーファイルを選択します。次のフィールドは、取得したデータを使用して自動的に完了されます。

[Connection type] (接続タイプ)

使用できるドライバーのドロップダウンリスト:

Oracle OCI: Oracleデータベースへのインターフェイスを提供する一連のC言語ソフトウェアAPIでOracle Callインターフェイスを使用するには、この接続タイプを選択します。

Oracle Custom: クラスター化されたデータベースにアクセスするには、この接続タイプを選択します。

[Oracle Service Name] (Oracleサービス名): リモートデータベースへの接続時に指定するTNSエイリアスを使用するには、この接続タイプを選択します。

WALLET: Oracle Walletに認証情報を保管するには、この接続タイプを選択します。

Oracle SID: システム上の特定のデータベースを一意識別するには、この接続タイプを選択します。

[DB Version] (DBバージョン)

使用中のOracleバージョンを選択します。

[Use tns file] (tnsファイルを使う)

tnsファイルに含まれているコンテキストのメタデータを使うには、このチェックボックスをオンにします。

注:

1つのtnsファイルに多くのコンテキストが含まれている場合があります。

[TNS File] (TNSファイル): tnsファイルへのパスを手動で入力するか、フィールドの横にある[...]ボタンをクリックしてファイルを参照します。

[Select a DB Connection in Tns File] (TnsファイルでDB接続を選択する): [...]ボタンをクリックして、tnsファイルに保持されているすべてのコンテキストを表示し、目的のコンテキストを選択します。

[Host] (ホスト)

データベースサーバーのIPアドレス。

[Port] (ポート)

DBサーバーのリスニングポート番号。

[Database] (データベース)

データベースの名前。

[Schema] (スキーマ)

スキーマの名前。

[Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)

DBユーザー認証データ。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

Use SSL (SSL の使用)

このチェックボックスをオンにすると、SSLプロトコルを使用してデータベースサーバーとの通信を保護できます。

このプロパティは[Connection Type] (接続タイプ)のドロップダウンリストから[ORACLE CUSTOM]が選択されており、[DB Version] (DBバージョン)ドロップダウンリストから[Oracle 12-7]が選択されている場合にのみ使用できます。

[TrustStore type] (TrustStoreの種類)

SSL認証でデータベースサーバーの認証に使用されるTrustStoreのパス。

このプロパティは[Use SSL] (SSL の使用)チェックボックスが選択されている場合にのみ使用できます。

TrustStore password (TrustStoreパスワード)

TrustStoreストアファイルのパスワード。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

このプロパティは[Use SSL] (SSL の使用)チェックボックスが選択されている場合にのみ使用できます。

Need Client authentication (クライアント認証が必要)

SSLクライアント認証が必要な場合は、このチェックボックスをオンにします。

このプロパティは[Use SSL] (SSL の使用)チェックボックスが選択されている場合にのみ使用できます。

KeyStore file (キーストアファイル)

SSLクライアント認証に使用されるキーストアファイルへのパス。

このプロパティは[Need Client authentication] (クライアント認証が必要)チェックボックスが選択されている場合にのみ使用できます。

[TrustStore password] (TrustStoreパスワード)

キーストアファイルのパスワード。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

このプロパティは[Need Client authentication] (クライアント認証が必要)チェックボックスが選択されている場合にのみ使用できます。

[Disable CBC protection] (CBC保護を無効にする)

このチェックボックスをオンにすると、SSL認証でCBC(暗号ブロックチェーン)の使用を無効にできます。

このプロパティは[Use SSL] (SSL の使用)チェックボックスが選択されている場合にのみ使用できます。

[Additional JDBC parameters] (その他のJDBCパラメーター)

作成するDB接続の追加の接続プロパティを指定します。

注:

エンコーディングパラメーターの設定はこのフィールドで行います。

[Use or register a shared DB Connection] (共有DB接続の使用または登録)

このチェックボックスをオンにして、データベース接続の共有、または親もしくは子ジョブによって共有されているデータベース接続の取得を行い、[Shared DB Connection Name] (共有DB接続名)フィールドが表示されたら、共有データベース接続の名前を入力します。これにより、1つのデータベース接続(データベーススキーマの設定は除く)を複数のデータベース接続コンポーネントの間で共有できます。ジョブレベルが異なっていても、親と子のどちらであっても可能です。

このオプションは、tRunJobコンポーネントの[Use dynamic job] (ダイナミックジョブの使用)および[Use an independent process to run subjob] (サブジョブを独立したプロセスで実行)オプションには対応していません。tRunJobコンポーネントのこれら2つのいずれかのオプションを有効にして共有接続を使用すると、ジョブが失敗する原因となります。

このチェックボックスは、[Specify a data source alias] (データソースエイリアスを指定)チェックボックスがオンの場合には使用できません。

[Specify a data source alias] (データソースエイリアスを指定)

このチェックボックスをオンにして、データソース設定で定義した共有接続プールを使用するために、 Talend Runtime 側で作成したデータソースのエイリアスを指定します。このオプションは、 Talend Runtime 内にジョブをデプロイして実行する時にのみ機能します。

詳細設定

[Auto Commit] (自動コミット)

トランザクションの実行時に変更が自動的にデータベースにコミットされるようにするには、このチェックボックスをオンにします。

このチェックボックスがオンの場合は、対応するコミットコンポーネントを使用して変更をデータベースにコミットできません。同様に、対応するコミットコンポーネントの使用中は、このチェックボックスをオフにしておく必要があります。デフォルトでは、自動コミットファンクションは無効になっており、変更は対応するコミットコンポーネントを使用して明示的にコミットする必要があります。

自動コミットファンクションは、各SQLステートメントを実行の直後に1回のトランザクションとしてコミットしますが、コミットコンポーネントは、すべてのステートメントが実行されるまでコミットしません。このため、ジョブ内でトランザクションの管理にゆとりを必要とする場合は、コミットコンポーネントの使用を推奨します。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルやコンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは一般に、他のtOracle*コンポーネント、特にtOracleCommitおよびtOracleRollbackと共に使います。