ファイルデータを切り詰めてOracleデータベースに挿入する - 7.3

Oracle

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Oracle
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Oracle
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Oracle

このシナリオでは、Oracleデータベースのコンテンツを切り詰めて、入力ファイルのコンテンツをロードする方法について説明します。関連するジョブは、コンテンツを作成し、データベーステーブルを切り詰めた後で、Oracleデータベースにロードするファイルにこのコンテンツを出力するという処理をそれぞれ実行する、3つのコンポーネントで構成されています。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。