tOracleOutput MapReduceプロパティ(非推奨) - 7.3

Oracle

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Oracle
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Oracle
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > Oracle

このプロパティはMapReduceジョブフレームワークで実行されているtOracleOutputを設定するために使います。

MapReduce tOracleOutputコンポーネントはデータベースファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、ビッグデータ対応のサブスクリプションTalend 製品すべて、およびTalend Data Fabricで使用できます。

MapReduceのフレームワークは、Talend 7.3以降非推奨となります。Apache SparkのTalendジョブを使って、統合タスクを実行します。

基本設定

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-in] (組み込み)または[Repository] (リポジトリー)のいずれかで次の設定を行います

 

[Built-in] (組み込み): プロパティデータは一元的に保管されません。

 

[Repository] (リポジトリー): プロパティが保管されるリポジトリーファイルを選択します。後続フィールドは、取得されたデータを使用して自動的に入力されます。

このアイコンをクリックすると、データベース接続ウィザードが開き、コンポーネント[Basic settings] (基本設定)ビューに設定したデータベース接続パラメーターが保存されます。

データベース接続パラメーターの設定と保管の詳細は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

[Connection type] (接続タイプ)

利用可能なドライバーは次のとおりです。

  • Oracle OCI: Oracleデータベースへのインターフェイスを提供する一連のC言語ソフトウェアAPIでOracle Callインターフェイスを使用するには、この接続タイプを選択します。

  • Oracle Custom: クラスター化されたデータベースにアクセスするには、この接続タイプを選択します。このタイプの接続では、[Username] (ユーザー名)および[Password] (パスワード)フィールドが非アクティブになり、表示されるURLフィールドに接続URLを入力する必要があります。

    このURLの有効な形式の詳細は、OracleドキュメンテーションでJDBC接続文字列を参照してください。

  • [Oracle Service Name] (Oracleサービス名): リモートデータベースへの接続時に指定するTNSエイリアスを使用するには、この接続タイプを選択します。

  • WALLET: Oracle Walletに認証情報を保管するには、この接続タイプを選択します。

  • Oracle SID: システム上の特定のデータベースを一意識別するには、この接続タイプを選択します。

[DB Version] (DBバージョン)

使用中のOracleバージョンを選択します。

[Host] (ホスト)

データベースサーバーのIPアドレス。

[Port] (ポート)

DBサーバーのリスニングポート番号。

[Database] (データベース)

データベースの名前。

[Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)

DBユーザー認証データ。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[Oracle schema] (Oracleスキーマ)

Oracleスキーマ名。

[Table] (テーブル)

書き込まれるテーブルの名前。一度に書き込みができるテーブルは1つだけです。

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドの数を定義するものです。スキーマは[Built-in] (組み込み)か、[Repository] (リポジトリー)にリモートで保存されます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを使用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続を更新): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

 

[Built-in] (組み込み): そのコンポーネントのみのスキーマを作成して、ローカルに保存します。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されています。さまざまなプロジェクトやジョブデザインで再利用できます。

再使用するスキーマに整数またはファンクションのデフォルト値が指定されている場合は、これらのデフォルト値を引用符で囲まないようにご注意ください。引用符で囲まれている場合は手動で削除します。

詳細は、Talend Studioユーザーガイドでテーブルスキーマに関連する説明を参照してください。

[Die on error] (エラー発生時に強制終了)

このチェックボックスはデフォルトで選択されています。エラーの発生した行をスキップし、エラーが発生していない行の処理を完了するには、このチェックボックスをオフにします。必要に応じて[Row] (行) > [Rejects] (リジェクト)リンクを使用してエラー発生時に行を取得できます。

詳細設定

[Use Batch] (バッチを使用)

このチェックボックスをオンにして、データ処理のバッチモードを有効にします。

[Batch Size] (バッチサイズ)

各バッチで処理するレコードの数を指定します。

このフィールドは、[Use batch mode] (バッチモードの使用)チェックボックスがオンの場合にのみ表示されます。

使用方法

使用ルール

Talend Map/Reduceジョブでは終了コンポーネントとして使用され、入力リンクとして変換コンポーネントが必要になります。一緒に使用される他のコンポーネントもMap/Reduceコンポーネントでなければなりません。Hadoopで直接実行できるネイティブMap/Reduceコードを生成します。

本書では、特に明記されていない限り、[Standard] (標準)ジョブ、つまり従来の Talend データ統合ジョブ、およびMap/Reduce以外のジョブのシナリオで説明しています。

[Hadoop Connection] (Hadoop接続)

[Run] (実行)ビューの[Hadoop Configuration] (Hadoop設定)タブを使用して、ジョブ全体で特定のHadoopディストリビューションに対する接続を定義する必要があります。

この接続は、ジョブごとに有効になります。