入力フローの設定 - 7.3

Orchestration (Integration)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント

手順

  1. tFileInputDelimitedをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [File name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドで、読み出す顧客レコードを格納しているファイルへのパスまで移動するか、またはそのパスを入力します。
  3. ボタンをクリックしてスキーマエディターを開き、ここで顧客データ構造を反映するスキーマを作成する必要があります。
  4. ボタンを5回クリックして5つの行を追加し、次のように名前を変更します: FirstNameLastNameCityAddressZipCode
    このシナリオでは、データ型は、デフォルト値の[String] (文字列)のままにしておきます。実際の業務では、処理するデータのデータ型に合わせて変更します。
  5. [OK]をクリックしてこれらの変更を確定し、ポップアップ表示されるダイアログボックスで求められるプロパゲーションを承認します。
  6. 必要であれば、処理データに対応する値を[Component] (コンポーネント)ビューの他のフィールドにも入力します。このシナリオでは、これらについてもそのままにしておきます。