ソートしたデータの出力 - 7.3

Orchestration (Integration)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント

手順

  1. tRecollectorコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にあるボタンをクリックしてスキーマエディターを開き、tPartitionerを設定する時にコピーしたtPartitionerスキーマを貼付けます。
    このスキーマは、現在のtRecollectorにデータを供給するtDepartitionerコンポーネントのスキーマと一致している必要があります。
  3. [OK]をクリックしてこれらの変更を確定し、ポップアップ表示されるダイアログボックスで求められるプロパゲーションを承認します。
  4. [Linked Departitioner] (リンクされたDepartitioner)フィールドで、このコンポーネントに対するデータの供給元とするtDepartitionerコンポーネントを選択します。このサンプルでは、tDepartitioner_1とラベル付けされたtDepartitionerコンポーネントです。したがって、tDepartitioner_1を選択します。
  5. tFileOutputDelimitedコンポーネントをダブルクリックして[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  6. [File Name] (ファイル名)フィールドで、ソートしたデータを書き出すファイルを参照するか、ファイルのディレクトリーおよび名前を入力します。ランタイムにこのファイルが存在しない場合、このファイルを作成します。