tDepartitionerの検証 - 7.3

Orchestration (Integration)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント

手順

  1. tDepartitionerコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. 必要に応じて、メモリ容量に合わせて[Buffer Size] (バッファーサイズ)フィールドの値を変更します。この例では、デフォルトのままにしておきます。
  3. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にあるボタンをクリックしてスキーマエディターを開き、出力を必要とするカラムのすべてが、tDepartitionerのスキーマテーブルに表示されていることを確認します。このシナリオでは、前のコンポーネントから受け取ったカラムをすべて出力します。