コンポーネントの設定 - 7.3

Orchestration (Integration)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント

手順

  1. 最初のtFileInputDelimitedをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [File name] (ファイル名)フィールドの横の[...]ボタンをクリックし、入力ファイルのパスを選択します。
    注:

    [File name] (ファイル名)フィールドは必須です。

    このシナリオで使用される入力ファイルはCustomers.txtです。Name.txtE-mail.txtAddress.txtの3つの単純なテキストファイルの名前のリストを含むテキストファイルです。最初のテキストファイルName.txtは、顧客の名前を保持する1つのカラムで構成されています。2番目のテキストファイルE-mail.txtは、顧客のメールアドレスを保持する1つのカラムで構成されています。3番目のテキストファイルAddress.txtは、顧客のメールアドレスを保持する1つのカラムで構成されています。
    必要に応じて他のすべてのフィールドに入力します。詳細は、tfileinputdelimited-standard-properties_r.htmlを参照してください。このシナリオでは、ヘッダーとフッターが設定されず、処理される行の数に制限はありません。
  3. [Edit Schema] (スキーマを編集)をクリックして、この入力ファイルのデータ構造を記述します。このシナリオでは、スキーマは[Filename] (ファイル名)というカラムで構成されています。
  4. tFlowToIterateをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビュー表示します。
    新しいパラメーター行を追加して変数を定義するには、プラスボタンをクリックし、必要に応じて変数名を入力するためにキー[Key] (キー)セルをクリックします。このシナリオでは、1つの変数が定義されます: "Name_of_File"
    あるいは、グローバル変数にデフォルトを使用する場合は、[Use the default (key, value) in global variables] (グローバル変数にデフォルト(キー、値)を使用する)のチェックボックスをオンにすることもできます。
  5. 2番目のtFileInputDelimitedをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
    [File name] (ファイル名)フィールドに、読み込むファイルのディレクトリーを入力し、[Ctrl] + [Space]を押してグローバル変数「Name_of_File」を選択します。このシナリオでは、構文は以下のとおりです。
    "C:/scenario/flow_to_iterate/"+((String)globalMap.get("Name_of_File"))
    [Edit schema] (スキーマを編集)をクリックし、スキーマのカラム名を定義します。このシナリオでは、RowContentです。
    必要に応じて他のすべてのフィールドに入力します。詳細は、tfileinputdelimited-standard-properties_r.htmlを参照してください。
  6. デザインワークスペースで、tLogRowコンポーネントを選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックして基本設定を定義します。
    必要に応じて設定を定義します。詳細は、tlogrow-standard-properties_r.htmlを参照してください。