子ジョブリストを作成する - 7.3

Orchestration (Integration)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント

このタスクについて

親ジョブは、子ジョブリストに基づいて子ジョブを呼び出します。子ジョブリストの各行には、子ジョブ名が含まれています。子ジョブリストを使うと、ジョブの実行をより詳細に制御できます。たとえば、子ジョブの一部のみを実行できます。これは、リストの各行にブールフィールド(このシナリオではExecute)を追加することで実現できます。

注: このシナリオでは、子ジョブリストをテキストファイルに保管します。また、Excelファイルやデータベーステーブルなど、他の形式で保管することもできます。

子ジョブリストの作成は次の手順で行います。

手順

  1. テキストエディター(たとえばMS Notepad)を開きます。
  2. テキストエディターに次のように入力します。
    Job_Name,Execute
    ChildJob1,true
    ChildJob2,false
    ChildJob3,true
    ChildJob4,false
    ChildJob5,true
  3. ファイルにFile_For_Execute.txtという名前を付けて保存します。
  4. テキストエディターを閉じます。