親ジョブを実行して子ジョブを動的に実行する - 7.3

Orchestration (Integration)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント

手順

  1. 子ジョブと親ジョブを保存します。
  2. [Run] (実行)コンソール上で[F6]を押すか、[Run] (実行)ボタンをクリックして、ジョブを実行します。

    上記のように、ChildJob1ChildJob3ChildJob5が実行されました。これは、これらの子ジョブのExecuteフィールドがFile_For_Execute.txtファイルでtrueになっているためです。ChildJob2ChildJob4は実行されませんでした。これは、これらの子ジョブのExecuteフィールドがFile_For_Execute.txtファイルでfalseになっているためです。子ジョブは、File_For_Execute.txtファイルにリスト表示されている順序で処理されました。