子ジョブを設定する - 7.3

Orchestration (Integration)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント

手順

  1. ChildJob1という名前の新しいジョブを作成し、それに tFixedFlowInputコンポーネントとtLogRowコンポーネントを追加します。
  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、tFixedFlowInputコンポーネントをtLogRowコンポーネントに接続します。
  3. tFixedFlowInputコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスで、文字列型のカラムMessageを1つ追加して入力データのスキーマを定義します。完了したら、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じ、スキーマを後続のコンポーネントにプロパゲートさせるかどうかを確認するメッセージが表示されたら [Yes] (はい)をクリックします。
  5. [Mode] (モード)エリアで[Use Single Table] (単一テーブルの使用)を選択し、コンソールに表示するメッセージを[Values] (値)テーブルの[Value] (値)カラムに入力します。この例では"This is from ChildJob1..."です。
  6. tLogRowコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューで[Table] (テーブル)を選択して、実行結果をテーブルセルに表示します。
  7. このジョブのコピーを5つ作成し、ChildJob2ChildJob3ChildJob4、およびChildJob5という名前を付けます。tFixedFlowInputコンポーネントの[Value] (値)カラムに次のメッセージを入力します: "This is from ChildJob2...""This is from ChildJob3...""This is from ChildJob4...""This is from ChildJob5..."