データフローとしてのファイルリストの変換 - 7.3

Orchestration (Integration)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント

次のシナリオでは、ファイルリストに対して繰り返し処理を実行し、ファイル名と現在の日付を選択してフローに変換し、コンソールに表示する方法について説明します。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

  • [Palette] (パレット)から、tFileListtIterateToFlowtLogRowコンポーネントをデザインワークスペースにドロップします。

  • [Iterate] (反復処理)リンクを使って属し、tFileListtIterateToFlowに接続し、[Row main] (行 メイン)接続を使ってジョブをtLogRowに接続します。

  • tFileList[Component] (コンポーネント)ビューで、ファイルリストを格納するディレクトリーを設定します。

  • この例の場合、ファイルは、1つのディレクトリーCountriesに格納された3つの単純な.txtファイルです。

  • 大文字と小文字の区別は関係ないため、[Case sensitive] (大文字と小文字を区別)チェックボックスをオフにします。

  • [Include Subdirectories] (サブディレクトリーを含める)チェックボックスはオフのままにしておきます。

  • 次にtIterateToFlowコンポーネントをクリックし、[Edit Schema] (スキーマを編集)をクリックして新しいスキーマを設定します。

  • 文字列型の[Filename] (ファイル名)、および日付型の[Date] (日付)の2つの新しいカラムを追加します。Javaで正しいパターンを確実に定義してください。

  • [OK]をクリックして確定します。

  • 新たに作成されたスキーマが[Mapping] (マッピング)テーブルに表示されている点に留意してください。

  • [Value] (値)フィールドの各セルで[Ctrl]+[Space]キーを押して、グローバルおよびユーザー固有の変数のリストにアクセスします。

  • Filenameカラムでは、グローバル変数tFileList_1CURRENT_FILEPATHを使います。各ファイルの名前を取得するために現在のファイルパスが取得され、ジョブはこの処理を繰り返します。

  • [Date] (日付)カラムではTalendルーチン: Talend Date.getCurrentDate()を使用します(Java)。

  • 次に、tLogRowコンポーネントビューで[Print values in cells of a table] (テーブルのセルの値を出力)チェックボックスをオンにします。

  • ジョブを保存し、[F6]を押して実行します。

ファイルパスが[Filename] (ファイル名)カラムに表示され、現在の日付が[Date] (日付)カラムに表示されます。