tParallelize標準プロパティ - 7.3

Orchestration (Integration)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント

このプロパティは[Standard] (標準)ジョブフレームワークで実行するtParallelizeの設定で使用されます。

[Standard] (標準)tParallelizeコンポーネントはプロセス制御ファミリーのコンポーネントです。

このフレームワークのコンポーネントは、すべてのサブスクリプションベースのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Wait For] (待機)

end of first subJob: 最初のサブジョブの最後に実行する、該当するサブジョブを配列します。

 

end of all subJobs: すべてのサブジョブの最後に実行する、該当するサブジョブを配列します。

[Sleep Duration] (スリープ期間)

サブジョブ実行をチェックする間隔をミリ秒単位で設定します。

[Die when one of parallelize subjobs fails] (サブジョブのエラー発生時にジョブ全体を終了)

このオプションを選択すると、実行するサブジョブのいずれかが失敗した時にジョブが実行を中止します。

[Global Variables] (グローバル変数)

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントは、数多くのサブジョブでビルドされるメインジョブ内の開始または中間コンポーネントとして使用できます。[OnSubjobOk] (サブジョブがOKの場合)[Parallelize] (並列化)、または[Synchronize] (同期)リンクを使用して、前後のコンポーネントに接続できます。いくつでも必要な数のtParallelizeコンポーネントをマスタージョブに使用できます。

このコンポーネントはData Integrationジョブ用にデザインされています。並列リクエスト間ではスレッドセーフではなく、メモリとCPUが大量を消費してしまうので、データサービスジョブやルートのコンテキストでは使用しないでください。並列処理が必要な場合はルートを使用してください。

[Connections] (接続)

外部リンク(このコンポーネントから別のコンポーネントへのリンク):

[Trigger] (トリガー): 同期、並列化。

受信リンク (あるコンポーネントからこのコンポーネントへのリンク):

[Trigger] (トリガー): サブジョブがOkの場合、サブジョブがエラーの場合、コンポーネントがOkの場合、ifを実行、コンポーネントがエラーの場合

接続に関する詳細は、 Talend Studio ユーザーガイドを参照してください。