データジョブの実行の前後にファイルを処理します - 7.3

Orchestration (Integration)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント

このシナリオでは、メインデータジョブの実行の前後にファイルを処理するために、事前ジョブと事後ジョブがtfilelist_titeratetoflow-tfileoutputdelimited-tlogrow_finding-duplicate-files-between-two-folders_standard_component_this-scena_c.htmlに説明されているジョブに追加されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

上記のシナリオで説明されているように、メインデータジョブが開始すると、取得されたファイル名を保存するために一時テキストファイルが作成されます。指定の一時ファイルが既に存在する場合は、上書きされます。

データの損失を防ぐために、事前ジョブはメインジョブが実行される前に指定ファイル(存在する場合)の名前を変更することで、バックアップコピーを保存します。

メインデータジョブの実行後に、事後ジョブはデータジョブによって作成された一時ファイルを削除し、バックアップファイルがあれば復元します。