親ジョブのセットアップ - 7.3

Orchestration (Integration)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント

手順

  1. 新しいジョブParentJobを作成し、それにtFileListコンポーネントとtRunJobコンポーネントを追加します。
  2. [Row] (行) > [Iterate] (反復処理)リンクを使ってtFileListコンポーネントをtRunJobコンポーネントに接続します。
  3. tFileListコンポーネントをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Directory] (ディレクトリー)フィールドで、処理するファイルを保持するディレクトリーへのパスを指定するか、フィールドの横にある[...]ボタンをクリックして、ディレクトリーを参照します。

    この例では、ディレクトリーはD:/tRunJob_Input_Filesです。これは、最大5つのカラムを持つ3つの区切り記号付きファイルを保持します。

  5. [FileList Type] (FileListタイプ)リストで[Files] (ファイル)を選択します。
  6. [Use Glob Expressions as Filemask] (Glob式をFilemaskとして使用)チェックボックスをオンにして[+]ボタンをクリックし、[Files] (ファイル)エリアに行を追加し、ファイルに一致するフィルターを定義します。この例では"*.csv"と入力して、区切り記号付きファイルをすべて取得します。
  7. tRunJobコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  8. [Job] (ジョブ)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、実行する子ジョブをポップアップダイアログボックスで選択し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。選択したジョブの名前が[Job] (ジョブ)フィールドに表示されます。
  9. [Context Param] (コンテキストパラメーター)エリアで[+]ボタンをクリックして行を追加し、コンテキストパラメーターを定義します。子ジョブで定義されたFilePathという名前の唯一のコンテキストパラメーターが[Parameters] (パラメーター)セルに表示されます。
  10. [Values] (値)セルをクリックし、キーボードの[Ctrl] + [Space]を押してコンテキスト変数のリストにアクセスし、tFileList_1.CURRENT_FILEPATHを選択します。

    対応するコンテキスト変数((String)globalMap.get("tFileList_1_CURRENT_FILEPATH"))[Values] (値)セルに表示されます。

    コンテキスト変数の詳細は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。