子ジョブのセットアップ - 7.3

Orchestration (Integration)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント

このタスクについて

手順

  1. childという名前のジョブを作成し、デザインワークスペースで名前を入力するか、または[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップして、2つのコンポーネントを追加します。
    • tFixedFlowInput: メッセージを生成します。

    • tBufferOutput: 生成されたメッセージをバッファーメモリに保管します。

  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、tFixedFlowInputコンポーネントをtBufferOutputコンポーネントに接続します。
  3. tFixedFlowInputコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開いて入力データのスキーマを定義します。この例では、スキーマには文字列型のカラムmessageが1つだけあります。
    終了したら、[OK]をクリックして変更を確認し、ポップアップ[Propagate] (伝播)ダイアログボックスで[Yes] (はい)をクリックして、スキーマを次のコンポーネントにプロパゲートします。
  5. [Mode] (モード)エリアで[Use Single Table] (単一テーブルの使用)オプションを選択し、[Values] (値)テーブルのmessageカラムで対応する値を定義します。この例では"message from the child job"です。