コンポーネントの設定 - 7.3

Orchestration (Integration)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント

手順

  1. tFileList[Basic settings] (基本設定)ビューで、マージするファイルが保管されているディレクトリーを参照します。
    ファイルの内容は基本的なもので、国とそれぞれのスコアのリストが含まれています。
  2. [Case Sensitive] (大文字小文字を区別)フィールドで、[Yes]をクリックして大文字小文字を区別します。
  3. tFileInputDelimitedコンポーネントを選択し、このコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  4. [File Name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドで[Ctrl] + [Space]を押して変数入力リストにアクセスし、グローバル変数リストからtFileList.CURRENT_FILEPATHを選択して、tFileListで定義されているディレクトリーのすべてのファイルを処理します。
  5. [Edit Schema] (スキーマを編集)ボタンをクリックし、入力ファイルの内容を反映するように2カラムのスキーマを手動で設定します。
    この例では、2つのカラムは[Country] (国)[Points] (ポイント)になります。これらは両方とも[nullable] (null可)になります。[Country]カラムは[String] (文字列)タイプで、[Points]カラムは[Integer] (整数)タイプです。
  6. [OK]をクリックして設定を検証し、ジョブ全体に対するスキーマの伝播を受け入れます。
  7. 次に、tUniteコンポーネントを選択し、 [Component] (コンポーネント)ビューを表示します。出力スキーマは、入力スキーマを厳密に反映しており、読み取り専用になります。
  8. tLogRow[Basic settings] (基本設定)ビューで、[Table] (テーブル)オプションを選択して、 出力値を正しく表示します。