tWaitForSocket標準プロパティ - 7.3

Orchestration (Integration)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント

これらのプロパティは、Standardジョブフレームワークで実行される tWaitForSocketを構成するために使用されます。

Standard tWaitForSocket コンポーネントはプロセス制御ファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Port] (ポート)

DBサーバーのリスニングポート。

[End of line separator] (行末区切り文字)

使用する行末区切り文字を入力します。

[Then] (その場合)

実行するアクションを選択します:

[keep on listening] (リスニングの継続)

または

[close socket] (ソケットを閉じる)

[Print client/server data] (クライアント/サーバーデータの印刷)

クライアントまたはサーバーのデータを表示するには、このチェックボックスをオンにします。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

INPUT_DATA: クライアントによって送信されたデータ。これはFlow変数で、文字列を返します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

これは、設定された条件に応じて実行されるsubJobの入力トリガーコンポーネントです。したがって、反復リンクでサブジョブに接続する必要があります。

[Connections] (接続)

外部リンク(このコンポーネントから別のコンポーネントへのリンク):

[Row] (行): 繰り返します。

[Trigger] (トリガー): サブジョブがOkの場合、サブジョブがエラーの場合、条件付き実行、コンポーネントがOkの場合、コンポーネントがエラーの場合。

受信リンク(あるコンポーネントからこのコンポーネントへのリンク):

[Row] (行): 繰り返します。

[Trigger] (トリガー): On Subjob Ok; On Subjob Error; Run if; On Component Ok; On Component Error; Synchronize; Parallelize

接続に関する詳細は、『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。