tWaitForSqlData標準プロパティ - 7.3

Orchestration (Integration)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > プロセス制御コンポーネント

このプロパティは[Standard] (標準)ジョブフレームワークで実行するtWaitForSqlDataの設定で使用されます。

[Standard] (標準)tWaitForSqlDataコンポーネントはプロセス制御ファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Wait at each iteration (in seconds)] (反復時待機時間: 秒)

SQLデータのチェック間隔を秒単位で設定します。

[Max. iterations (infinite if empty)] (最大反復回数: 空の場合は無限)

ジョブをタイムアウトにする前に行うSQLデータのチェック回数。

[Use an existing connection/Component List] (既存の接続/コンポーネントリストを使用)

定義されたDB上のSQLlデータをループでチェックできるようにするには、接続をオープンしておく必要があります。

ジョブに親ジョブと子ジョブが含まれている場合、[Component list] (コンポーネントリスト)には、同じジョブレベルの接続コンポーネントのみが表示されるため、他のレベルの既存の接続を使用必要がある場合は、

現在のコンポーネントが存在するレベルの利用可能なデータベース接続コンポーネントから、[Use or register a shared DB connection] (共有DB接続の使用または登録)チェックボックスをオンにします。このチェックボックスの詳細は、使用しているデータベースに基づく接続コンポーネントについてtmysqlconnection_c.htmlを参照してください。

または、現在のコンポーネントのレベルのままで、接続コンポーネントを非アクティブにし、コンポーネントの[Dynamic settings] (ダイナミック設定)を使用して、目的の接続を手動で指定します。この場合、接続名はが2つのジョブレベルで固有で区別できる名前になっていることをご確認ください。[Dynamic settings] (ダイナミック設定)については、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

[Table to scan] (スキャンするテーブル)

挿入または削除を確認するテーブルの名前

[Trigger action when rowcount is] (行カウントが次の時にアクションをトリガー)

操作を実行する条件を選択します:

[Equal to] (等しい) [Not Equal to] (等しくない) [Greater than] (より大きい) [Lower than] (より小さい) [Greater or equal to] (以上) [Lower or equal to] (以下)

考慮する値を定義します。

[Then] (その場合)

実行するアクションを選択します: 条件が満たされた時に反復を停止するか(exit loop: 終了ループ)、最大反復回数の最後までループを続行します(continue loop: 継続ループ)

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

CURRENT_ITERATION: 現在の繰り返し処理のシーケンス番号。これはFlow変数で、整数を返します。

ROW_COUNT: テーブル内で検出された行の数。これはFlow変数で、整数を返します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントは接続コンポーネントを必要として、DBアクセスをオープンしますが、説明されている条件の下で実行するサブジョブの開始(またはトリガー)コンポーネントの役割も果たします。そのため、このコンポーネントには反復リンク経由でサブジョブを接続する必要があります。