ジョブを設定する - 7.3

Palo

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Palo
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Palo
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Palo

手順

  1. コンポーネントtPaloConnectiontRowGeneratortMaptPaloDimensionを、[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします。
  2. tPaloConnectionを右クリックしてコンテキストメニューを開き、[Trigger] (トリガー) > [On Subjob Ok] (サブジョブがOKの場合)を選択してtRowGeneratorにリンクします。
  3. tRowGeneratorを右クリックしてコンテキストメニューを開き、[Row] (行) > [Main] (メイン)を選択してtMapにリンクします。
    注:

    このプロセスを簡略化するために、tRowGeneratorを使ってランダムに行を生成します。実際のケースでは、他の入力コンポーネントの1つを使って実際のデータをロードできます。

  4. tMapを右クリックしてコンテキストメニューを開き、[Row] (行) > [New output] (新しい出力)を選択してtPaloDimensionにリンクし、ポップアップするダイアログボックスでout1という名前を付けます。