プロシージャ - 7.3

Palo

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Palo
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Palo
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Palo

手順

  1. [Palette] (パレット)からtPaloDatabaseをデザインワークスペースにドロップします。
  2. tPaloDatabaseコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  3. [Host name] (ホスト名)フィールドに、ホストサーバーのホスト名またはIPアドレス(この例ではlocalhost)を入力します。
  4. [Server Port] (サーバーポート)フィールドに、Paloサーバーのリッスンポート番号を入力します。このシナリオでは、7777です。
  5. [Username] (ユーザー名)フィールドと[Password] (パスワード)フィールドに認証情報を入力します。この例では、どちらもadminです。
  6. [Database] (データベース)フィールドに、キューブを作成するデータベース名(この例ではtalenddatabase)を入力します。
  7. [Action on database] (データベースに対する操作)フィールドで、実行する操作を選択します。このシナリオでは、作成するデータベース が存在しないため、[Create database] (データベースの作成)を選択します。
  8. [F6]を押してジョブを実行します。

タスクの結果

指定したPaloサーバー上に新しいデータベースが作成されます。