tPaloInputMulti標準プロパティ - 7.3

Palo

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Palo
データガバナンス > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Palo
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ビジネスインテリジェンスコンポーネント > Palo

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtPaloInputMultiを設定するために使います。

Standard tPaloInputMultiコンポーネントはビジネスインテリジェンスファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Use an existing connection] (既存の接続を使用)

定義済みの接続の詳細を再利用するには、このチェックボックスをオンにして、[Component List] (コンポーネントリスト)ドロップダウンリストで目的の接続コンポーネントを選択します。

ジョブに親ジョブと子ジョブが含まれている場合、[Component List] (コンポーネントリスト)には同じジョブレベルの接続コンポーネントのみが表示されます。

[Host Name] (ホスト名)

ホストサーバーのホスト名またはIPアドレスを入力します。

[Server Port] (サーバーポート)

Paloサーバーのリスニングポート番号を入力します。

[Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)

Paloのユーザー認証データを入力します。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[Database] (データベース)

目的のエレメントが存在するデータベースの名前を入力します。

[Cube] (キューブ)

取得するディメンションエレメントが保管されているキューブの名前を入力します。

[Cube type] (キューブタイプ)

ドロップダウンリストから関係するキューブのキューブタイプを選択します。タイプには以下があります。

- [Normal] (ノーマル)

- [Attribut] (属性)

- [System] (システム)

- [User Info] (ユーザー情報)

[Commit size] (コミットサイズ)

取得する各バッチの行数を入力します。

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを使用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続を更新): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

 

[Built-in] (組み込み): スキーマが作成され、このコンポーネント専用にローカルに保存されます。関連項目: Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは既に存在し、リポジトリーに保存されています。したがって、再利用できます。関連項目: Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

[Cube Query] (キューブクエリー)

データの取得に使うクエリーでこのテーブルを完成させます。入力するカラムは次のとおりです。

 

[Column] (カラム): スキーマカラムは、スキーマエディタで定義されると、このカラムに自動的に追加されます。スキーマカラムは、取得したディメンションエレメントを保管するために使われます。

 

[Dimensions] (ディメンション): ディメンションエレメントを取得するキューブの各ディメンション名を入力します。

警告:

このカラムにリスト表示されているディメンションの順序は、これらのディメンションを保管するキューブで指定された順序と一致している必要があります。

 

[Elements] (エレメント): データを取得するディメンションエレメントを入力します。1つのディメンションから複数のエレメントが必要な場合は、コンマで区切ります。

詳細設定

[tStat Catcher Statistics] (tStatキャッチャー統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントには出力コンポーネントが必要です。

[Connections] (接続)

外部リンク(このコンポーネントから別のコンポーネントへのリンク):

[Row] (行): [Main] (メイン)

[Trigger] (トリガー): Run if; On Subjob Ok; On Subjob Error; On Component Ok; On Component Error

受信リンク(あるコンポーネントからこのコンポーネントへのリンク):

[Row] (行): 繰り返します。

[Trigger] (トリガー): Run if; On Subjob Ok; On Subjob Error; On Component Ok; On Component Error

接続に関する詳細は、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

制限事項

OLAPシステムのアーキテクチャーによれば、キューブから取得できるのは1つの値(テキストまたは数値)のみです。MEASUREカラムとTEXTカラムは固定されており、読み取り専用です。

ライセンスの互換性の問題のため、このコンポーネントの使用に必要な1つ以上のJARが提供されていません。この特定のコンポーネントに不足しているJARをインストールするには、Component (コンポーネント)タブビューの[Install] (インストール)ボタンをクリックします。Studioの Integration パースペクティブの[Modules] (モジュール)タブでも、不足しているすべてのJARを簡単に見つけて追加できます。詳細は、外部モジュールのインストールを参照してください。外部モジュールをインストールする方法の詳細は、Talend Help Center (https://help.talend.com)を参照してください。