データ出力を設定する - 7.3

Positional

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 固定長
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 固定長
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > 固定長

手順

  1. tFileOutputXMLをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  2. XML出力ファイルパスを入力します。
  3. データの各行をラップする行タグを定義します。このユースケースでは、ContractRefです。
  4. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックしてデータ構造を表示し、必要に応じて[Sync columns] (カラムの同期)をクリックして入力コンポーネントからデータ構造を取得します。
  5. [Advanced settings] (詳細設定)タブビューに切り替えて、XML出力の他の設定を定義します。
  6. [+]ボタンをクリックして[Root tags] (ルートタグ)テーブルに行を追加し、ルートタグ(1つ以上)を入力してXML出力構造(この場合はContractsList)をラップします。
  7. 必要に応じて、 [Output format] (出力形式) テーブルでパラメーターを定義します。たとえば、カラムの名前と値を親XMLエレメントの属性として使う場合は、カラムの[As attribute] (属性として)チェックボックスをオンにし、カラムの[Use schema column name] (スキーマカラム名を使用する)チェックボックスをオフにして、入力スキーマのカラムラベルをタグラベルとして再利用します。このユースケースでは、デフォルトの出力形式設定をすべてそのままにします。
  8. 契約数に応じて出力行をグループ化するには、[Use dynamic grouping] (動的グループ化の使用)チェックボックスをオンにし、[Group by] (分類基準)テーブルに行を追加し、[Column (カラム)リストフィールドから[Contract] (契約)を選択し、[Attribute label] (属性ラベル)フィールドにその属性を入力します。
  9. その他のパラメーターはすべてそのままにしておきます。