tPostgresqlBulkExec標準プロパティ - 7.3

PostgreSQL

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > PostgreSQL
データガバナンス > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > PostgreSQL
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > DBコンポーネント > PostgreSQL

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtPostgresqlBulkExecを設定するために使います。

Standard tPostgresqlBulkExecコンポーネントはデータベースファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

注: このコンポーネントは、動的データベースコネクターの特定のバージョンです。データベース設定に関連するプロパティは、データベースタイプの選択に応じて異なります。動的データベースコネクターについては、動的データベースコンポーネントを参照してください。

基本設定

データベース

データベースのタイプをリストから選択し、[Apply] (適用)をクリックします。

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-in] (組み込み)または[Repository] (リポジトリー)のいずれかで次の設定を行います。

 

[Built-in] (組み込み): プロパティデータは一元的に保管されません。

 

[Repository] (リポジトリー): プロパティが保管されるリポジトリーファイルを選択します。後続フィールドは、取得されたデータを使用して自動的に入力されます。

[Use an existing connection] (既存の接続を使用)

定義済みの接続の詳細を再利用するには、このチェックボックスをオンにして、[Component List] (コンポーネントリスト)で該当する接続コンポーネントをクリックします。

注: ジョブに親ジョブと子ジョブが含まれている時は、2つのレベルの間の既存の接続を共有する必要がな場合(たとえば、親ジョブで作成した接続を子ジョブと共有するなど)には、以下を実行する必要があります。
  1. 親レベルで、共有するデータベース接続を、そのデータベース接続そのものを作成する接続コンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューに登録します。

  2. 子レベルで、登録済みのそのデータベース接続を読み取るために専用の接続コンポーネントを使用します。

ジョブレベルをまたがってデータベース接続を共有する方法の例は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

[DB Version] (DBバージョン)

データベースバージョンのリスト。

[Host] (ホスト)

データベースサーバーのIPアドレス

[Port] (ポート)

DBサーバーのリスニングポート番号。

[Database] (データベース)

データベースの名前。

[Schema] (スキーマ)

スキーマの名前。

[Username] (ユーザー名)[Password] (パスワード)

DBユーザー認証データ。

パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。

[Table] (テーブル)

書き込むテーブルの名前。一度に書き込みができるテーブルは1つだけです。挿入オペレーションが成功するには、テーブルが既に存在している必要があります。

[Action on table] (テーブルへのアクション)

定義済みのテーブルで、次のオペレーションの1つを実行できます。

[None] (なし): 操作は行われません。

[Drop and create table] (テーブルの削除と作成): テーブルが削除され、再作成されます。

[Create table] (テーブルの作成): テーブルが存在しないため、作成します。

[Create table if not exists] (存在しない場合はテーブルを作成): テーブルが存在しない場合は作成されます。

[Drop table if exists and create] (テーブルがある場合はテーブルをドロップして作成します): テーブルが既に存在する場合は削除され、再び作成されます。

[Clear table] (テーブルのクリア): テーブルの内容が削除されます。

[Truncate table] (テーブルを切り詰める): テーブルの内容が削除されます。操作をロールバックすることはできません。

[File name] (ファイル名)

ロードするファイルの名前。

警告:

このファイルは、[Host] (ホスト)フィールドのURIで指定されたマシン上に置かれているため、データベースサーバーと同じマシン上にある必要があります。

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドの数を定義するものです。スキーマは[Built-in] (組み込み)か、[Repository] (リポジトリー)にリモートで保管されます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを使用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続を更新): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

 

[Built-in] (組み込み): そのコンポーネントのみのスキーマを作成して、ローカルに保存します。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されています。さまざまなプロジェクトやジョブデザインで再利用できます。

再使用するスキーマに整数またはファンクションのデフォルト値が指定されている場合は、これらのデフォルト値を引用符で囲まないようにご注意ください。引用符で囲まれている場合は手動で削除します。

詳細は、Talend Studioユーザーガイドでテーブルスキーマに関連する説明を参照してください。

詳細設定

[Additional JDBC Parameters] (追加のJDBCパラメーター)

作成するデータベース接続に追加のJDBCパラメーターを指定します。

このプロパティは、[Basic settings] (基本設定)[Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスがオンの場合には使用できません。

[Action on data] (データへのアクション)

定義済みのテーブルのデータに対し、次の処理を実行できます。

[Bulk Insert] (バルク挿入): テーブルに複数のエントリを追加します。重複が見つかった場合、ジョブは停止されます。

[Bulk Update] (バルク更新): 複数のエントリを同時に変更します。

[Copy the OID for each row] (各行のOIDをコピー)

各行のIDアイテムを取得します。

[Contains a header line with the names of each column in the file] (ファイルの各カラム名を持つヘッダー行を含む)

テーブルにヘッダーが含まれるように指定します。

[File type] (ファイルタイプ)

処理するファイルの種類を選択します。

[Null string] (null文字列)

値がnullであることを示すために表示される文字列。

[Fields terminated by] (フィールド区切り記号)

フィールドを区切る文字、文字列、または正規表現。

[Escape char] (エスケープ文字)

エスケープする行の文字。

[Text enclosure] (テキストエンクロージ​ャー)

テキストを囲むために使用する文字。

Activate standard_conforming_string

変数をアクティブにします。

[Force not null for columns] (カラムにnull不許容)

カラムのnull値の許容性を定義します。

[Force not null] (null不許容): null以外として定義するカラムの横にあるチェックボックスをオンにします。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルでログデータを収集できます。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは、tPostgresqlOutputBulkコンポーネントと共に使います。一緒に使うと、Postgresqlデータベースをフィードする時にパフォーマンスが向上します。

[Dynamic settings] (ダイナミック設定)

[+]ボタンをクリックしてテーブルに行を追加し、[Code] (コード)フィールドにコンテキスト変数を入力して、ジョブ内で計画した複数の接続からデータベース接続をダイナミックに選択します。この機能は、データ構造が同じでデータベースが異なるデータベーステーブルにアクセスする必要がある場合、特に、Talend Studioを介さずにジョブをデプロイおよび実行する必要がある時など、ジョブの設定を変更できない環境で作業している場合に役立ちます。

[Dynamic settings] (動的設定)テーブルは、[Basic settings] (基本設定)ビューで[Use an existing connection] (既存の接続を使用)チェックボックスが選択されている場合にのみ使用できます。ダイナミックパラメーターを定義すると、[Basic settings] (基本設定)ビューの[Component List] (コンポーネントリスト)ボックスは使用できなくなります。

動的パラメーターの使用サンプルは、コンテキストベースの動的接続によるデータベースからのデータの読み取りおよび動的に読み込まれた接続パラメーターを使用した異なるMySQLデータベースからのデータの読み取りを参照してください。[Dynamic settings] (動的設定)とコンテキスト変数については、『Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。