tAggregateSortedRow標準プロパティ - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

このプロパティは、[Standard] (標準)のジョブフレームワークで実行されている tAggregateSortedRowを設定するために使用します。

[Standard] (標準) tAggregateSortedRowコンポーネントは、変換処理ファミリーに属しています。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドの数を定義するものです。スキーマは[Built-in] (組み込み)か、[Repository] (リポジトリー)にリモートで保存されます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを使用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続を更新): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

ジョブで接続されている先行コンポーネントからスキーマを取得するには、[Sync columns] (カラムの同期)をクリックします。

このコンポーネントはダイナミックスキーマ機能の利点を備えているので、ソースファイルから不明なカラムを取得したり、各カラムを個別にマッピングしなくてもソースからカラムを一括してコピーしたりできます。ダイナミックスキーマの詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

このダイナミックスキーマ機能は、テーブルの不明なカラムを取得する目的で設計されており、この目的に限り使用をお勧めします。テーブルの作成で使用することは勧められていません。

 

[Built-in] (組み込み): このコンポーネントに対してのみ作成されたスキーマがローカルに保管されます。関連項目:『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは既に存在し、リポジトリーに保管されているため、さまざまなプロジェクトやジョブフローチャートで再利用できます。関連項目: 『 Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。

[Input rows count] (入力行数)

tAggregateSortedRowコンポーネントに送信される行の数を指定します。

注:

入力コンポーネントで処理される行数の[Limit] (制限)を指定した場合は、[Input rows count] (入力行数)フィールドで同じ制限を使用する必要があります。

[Group by] (グループ化)

集計セットを定義し、その値を計算に使用します。

 

[Output Column] (出力カラム): 定義したスキーマ構造に基づいて提供されるリストのカラムラベルを選択します。必要に応じて複数の出力カラムを追加することで、より正確に集計を行うことができます。

Ex: リストの各国の平均値を算出する場合はCountryを選択し、国内の地域ごとに値を比較する場合はCountryとRegionを選択します。

 

[Input Column] (入力カラム): 集計セットの出力ラベルが異なる必要がある場合に備えて、入力カラムと出力カラムを照合します。

オペレーション

操作の種類、また計算および出力フィールドに使用する値を選択します。

 

[Output Column] (出力カラム): リストの宛先フィールドを選択します。

 

[Function] (ファンクション): 以下の中からオペレーターを選択します。

  • [count] (カウント): 行数を計算します

  • [min] (最小): 最小値を選択します

  • [max] (最大): 最大値を選択します

  • [avg] (平均): 平均を計算します

  • [sum] (合計): 合計を計算します

  • [first] (最初): 最初の値を返します

  • [last] (最後): 最後の値を返します

  • [list] (リスト): 複数のキーで集計の値をリスト表示します。

  • [list (object)] (リスト(オブジェクト)): 複数のキーで集計のJava値をリスト表示します。

  • [count (distinct)] (カウント(重複を除く)): 重複を除いた行数をカウントします。

  • [standard deviation] (標準偏差): 値のセットの変動を計算します。

  • [union (geometry)] (Union(ジオメトリ)): 一連のジオメトリオブジェクトのUnionを作成します。

  • [population standard deviation] (母集団標準偏差): データ分布の広がりを計算します。計算されるデータがそれ自体で母集団と見なされる場合は、この関数を使います。この計算では、小数点以下39桁がサポートされています。
  • [sample standard deviation] (標本に基づく標準偏差): データ分布の広がりを計算します。計算されるデータがより大きな母集団からのサンプルと見なされる場合は、この関数を使います。この計算では、小数点以下39桁がサポートされています。

 

[Input Column] (入力カラム): 集計対象の値を取得する入力カラムを選択します。

 

[Ignore null values] (NULL値を無視): NULL値を無視するカラムの名前に対応するチェックボックスをオンにします。

詳細設定

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントレベルのログデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

NB_LINE: 入力コンポーネントによって読み取られた行の数、または出力コンポーネントに転送された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

このコンポーネントはデータのフローを処理し、入力と出力を必要とするため、中間ステップとして定義されます。