ジョブの実行 - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

このタスクについて

ここでは、このジョブを実行できます。

tLogRowコンポーネントを使って、ジョブの実行結果を表示します。

手順

  1. tLogRowコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Define a storage configuration component] (ストレージ設定コンポーネントを定義)チェックボックスをオンにして、tHDFSConfigurationを選択します。
  3. F6を押してこのジョブを実行します。

タスクの結果

完了したら、コンソールの[Run] (実行)ビューで、実行結果を確認できます。

最も多くダウンロードされた製品がTalend Open Studioであることが確認できます。合計5つのダウンロードのうち2つをカウントします。

このコンソールで出力する実行情報のレベルを管理するには、[Advanced settings] (詳細設定)タブの [log4jLevel]チェックボックスをオンにして、表示する情報のレベルを選択します。

log4jロギングレベルの詳細は、http://logging.apache.org/log4j/1.2/apidocs/org/apache/log4j/Level.htmlのApacheのドキュメントを参照してください。