Webクリックログを読み込む - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

手順

  1. web_dataという名前のtFixedFlowIputコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックし、スキーマエディターを開きます。
  3. この画像に示すように、[+]ボタンをクリックしてスキーマカラムを追加します。
  4. [OK]をクリックしてこれらの変更を確認し、ポップアップ表示されるダイアログボックスで求められるプロパゲーションを承認します。
  5. [Mode] (モード)エリアの[Use Inline Content] (インラインコンテンツの使用)ラジオボタンを選択して、Webクリックログに関する上記のサンプルデータを、表示されている[Content] (コンテンツ)フィールドに貼り付けます。
  6. [Field separator] (フィールド区切り記号)フィールドに縦棒|を入力します。