コンポーネントの設定 - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

手順

  1. tFileInputDelimitedコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューに移動します。
  2. ファイルの詳細が[Repository] (リポジトリー)に保管されるため、[Property Type] (プロパティタイプ)をリポジトリーに設定します。フォローするフィールドは、取得したデータを使用して事前定義されています。
    このシナリオで使用される入力ファイルは、inputと呼ばれます。これは文字列、整数、および浮動小数点Javaタイプを保持するテキストファイルになります。
    必要に応じて他のすべてのフィールドに入力します。詳細は、tFileInputDelimitedを参照してください。このシナリオでは、ヘッダーとフッターが設定されず、処理される行の数に制限はありません。
  3. [Edit Schema] (スキーマを編集)をクリックして、この入力ファイルのデータ構造を記述します。このシナリオでは、スキーマは[StringtoInteger]、[IntegerField]、および[FloatToInteger]の3つのカラムで構成されます。
  4. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  5. tConvertTypeコンポーネントをダブルクリックし、[Basic settings] (基本設定)ビューに移動します。
  6. [Schema Type] (スキーマタイプ) [Built in] (組み込み)に設定し、[Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、tFileInputDelimitedコンポーネントからカラムを自動的に取得します。
  7. [Edit schema] (スキーマを編集)をクリックして、この処理コンポーネントのデータ構造を手動で記述します。
    このシナリオでは、文字列タイプのデータを整数タイプに、浮動小数点タイプのデータを整数タイプに変換します。
    [OK] をクリックして[Schema of tConvertType] (tConvertTypeのスキーマ)ダイアログボックスを閉じます。
  8. tMapをダブルクリックしてマップエディターを開きます。
    マップエディターにはtFileInputDelimitedコンポーネントの入力メタデータが表示されます。
  9. マップエディターの[Schema editor] (スキーマエディター)パネルで、出力テーブルのプラスボタンをクリックして2つの行を追加し、[StringToInteger]および [Sum]という名前を付けます。
  10. マップエディターで、入力テーブルの[StringToInteger]行から出力テーブルの[StringToInteger]行にドラッグします。
  11. マップエディターで入力テーブルの各[IntegerField]および[FloatToInteger]行を、出力テーブルの[Sum]行にドラッグし、[OK]をクリックしてマップエディターを閉じます。
  12. デザインワークスペースで、tLogRowを選択して、[Component] (コンポーネント)タブをクリックし、基本設定を定義します。詳細は、tLogRowを参照してください。