コンポーネントをドロップする - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

手順

  1. Drop the following components from the [Palette] (パレット)からtConvertTypetMap、およびtLogRowコンポーネントをデザインワークスペースにドロップします。
  2. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、[Metadata] (メタデータ)および[File delimited] (区切りファイル)の順に展開して関連ノードをドラッグし、このシナリオでは[JavaTypes]をデザインワークスペースにドロップします。
    [Components] (コンポーネント)ダイアログボックスが表示されます。
  3. コンポーネントリストからtFileInputDelimitedを選択し、[OK]をクリックします。
    [Java types] (Javaタイプ)というtFileInputComponentがデザインワークスペースに表示されます。
  4. [Row] (行) > [Main] (メイン)を使用してコンポーネントを接続します。