ジョブをビッグデータバッチジョブに変換する - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、前のシナリオで作成したジョブを右クリックしてコンテキストメニューを開き、[Edit properties] (プロパティの編集)を選択します。
    ここで[Edit properties] (プロパティの編集)ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスで変更を行うには、ジョブをクローズする必要があることにご注意ください。
    このダイアログボックスは、以下の画像のように表示されます:
    このダイアログボックスでは、ジョブ名だけでなく、その他のジョブに関する説明の情報も変更できます。
  2. [Job Type] (ジョブタイプ)リストから、[Big Data Batch] (ビッグデータバッチ)を選択します。次に、[Job Design] (ジョブデザイン)ノードの[Big Data Batch] (ビッグデータバッチ)サブノードの下に、同じ名前を使用するMap/Reduceジョブが表示されます。