1カラムでの正規化 - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

手順

  1. [Palette] (パレット)からtFileInputDelimitedtDenormalizetLogRowコンポーネントをデザインワークスペースにドロップします。
  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)を使用してコンポーネントを接続します。
  3. tFileInputDelimited[Component] (コンポーネント)ビューで、非正規化するファイルのファイルパスをセットします。
  4. [Header] (ヘッダー)[Row separator] (行区切り)、および[Field separator] (フィールド区切り)パラメーターを定義します。
  5. 入力スキーマは[Fathers] (父)および[Children] (子)という2列のカラムで構成されています。
  6. tDenormalize[Basic settings] (基本設定)で、グループ化する複数の値を含むカラムを定義します。
  7. このユースケースの場合、非正規化するカラムは[Children] (子)になります。
  8. [Delimiter] (区切り文字)をセットしてグループ化した値を分離します。非正規化するカラムは1列にする点にご注意ください。
  9. グループ化した一部の値が完全に一致している場合、[Merge same value] (同じ値のマージ)チェックボックスをオンにします。
  10. ジョブを保存し、[F6]を押して実行します。

タスクの結果

非正規化するカラムの[Children] (子)のすべての値は[Fathers] (父)カラムでグループ化されます。値はコンマで区切られます。