データベーステーブルの区切り文字カラムを複数のカラムに抽出 - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

手順

  1. tMysqlInputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Host] (ホスト)[Port] (ポート)[Database] (データベース)[Username] (ユーザー名)、および[Password] (パスワード)の各フィールドにMySQLデータベース接続情報を入力します。
  3. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップウィンドウでtMysqlOutputコンポーネントのスキーマと同様、tMysqlInputコンポーネントのスキーマを定義します。
  4. [Table Name] (テーブル名)フィールドに、データが書き込まれたテーブルの名前を入力します。このサンプルでは、employeeです。
  5. [Guess Query] (推測クエリー)ボタンをクリックして、指定されたテーブルで実行されるSQLクエリーステートメントを[Query] (クエリー)フィールドに入力します。このサンプルでは、次のようになります。
    SELECT 
      `employee`.`Id`, 
      `employee`.`Name`, 
      `employee`.`DelimitedField`
    FROM `employee`
  6. tExtractDelimitedFieldsをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  7. [Field to split] (分割するフィールド)リストで、抽出する区切り文字カラムを選択します。このサンプルでは、DelimitedFieldです。
    [Field separator] (フィールド区切り)フィールドに、区切り文字カラムのフィールドの区切りに使用する区切り文字を入力します。このサンプルでは、,です。
  8. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップウィンドウで、整数型のIdと文字列型のNameAgeTeamTitleという5つのカラムを追加して、スキーマを定義します。
    このサンプルでは、区切り文字カラムDelimitedFieldAgeTeamTitleの3つのカラムに分割され、IdNameカラムも保持されます。
    [OK]をクリックしてスキーマエディターを閉じ、ポップアップダイアログボックスで表示される伝播を受け入れます。
  9. 2番目のtLogRowをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Mode] (モード)エリアで、[Table (print values in cells of a table)] (テーブル: テーブルのセルに値を印刷)を選択して、結果を読みやすくします。