tExtractJSONFields Stormプロパティ(非推奨) - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

これらのプロパティを使って、Stormジョブフレームワーク内で実行されているtExtractJSONFieldsを設定します。

Storm tExtractJSONFieldsコンポーネントは変換処理ファミリーのコンポーネントです。

このコンポーネントは、Talend Real Time Big Data PlatformおよびTalend Data Fabricで使用できます。

StormのフレームワークはTalend 7.1以降、非推奨となっています。ストリーミング関連のタスクを実行するには、Apache Sparkストリーミング用のTalendジョブを使用してください。

基本設定

[Property type] (プロパティタイプ)

[Built-In] (組み込み)または[Repository] (リポジトリー)のいずれか。

 

[Built-In] (組み込み): プロパティデータは一元的に保存されません。

 

[Repository] (リポジトリー): プロパティを保存するリポジトリーファイルを選択します。

[Schema] (スキーマ)および[Edit Schema] (スキーマを編集) (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを使用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続を更新): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

 

[Built-in] (組み込み): そのコンポーネントのみのスキーマを作成して、ローカルに保存します。

 

[Repository] (リポジトリー): スキーマは作成済みで、リポジトリーに保管されています。さまざまなプロジェクトやジョブデザインで再利用できます。

JSONフィールド

抽出されるJSONフィールドのリスト。

ループXPathクエリー

ループが基礎となっているJSONフィールド内のノード。

Mapping (マッピング)

[Column] (カラム): JSONフィールドから抽出されるデータを保持するために定義されたスキーマ。

[XPath Query] (XPathクエリー): JSONフィールド内のノードを指定するXPathクエリー。

[Get nodes] (ノードの取得): [XPath query] (XPathクエリー)リストに示されているすべてのノードのJSONデータを抽出するには、このチェックボックスをオンにします。また、特定のノードの横にあるチェックボックスをオンにすると、そのJSONデータのみを抽出できます。

[Is Array]: 抽出するJSONフィールドがオブジェクトではなく配列の場合は、このチェックボックスをオンにします。

詳細設定

[Encoding] (エンコーディング)

リストからエンコーディングを選択するか、[CUSTOM] (カスタム)を選択して、手動で定義します。このフィールドはデータベースデータ処理の必須フィールドです。サポートされるエンコーディングは、使用しているJVMに応じて異なります。詳細は、https://docs.oracle.comを参照してください。

使用方法

[Usage rule] (使用ルール)

ビッグデータに関連する Talend ソリューションのいずれかでサブスクリプション契約している場合、このコンポーネントをStormコンポーネントとして使用することもできます。 Talend Stormジョブでは、このコンポーネントは中間ステップとして使用されますが、一緒に使用される他のコンポーネントもStormコンポーネントでなければなりません。Stormシステムで直接実行できるネイティブStormコードを生成します。

Stormバージョンでは、グローバル変数の使用はサポートされていません。

[Run] (実行)ビューの[Storm Configuration] (Storm設定)タブを使用して、ジョブ全体で特定のStormシステムに対する接続を定義する必要があります。

この接続は、ジョブごとに有効になります。

Talend Stormジョブの詳細は、 『 Talend Open Studio for Big Data入門ガイド 』にある、 Talend Stormジョブの作成および設定方法を説明しているセクションを参照してください。

特に明記していない限り、このドキュメントのシナリオでは、[Standard] (標準)ジョブ、つまり従来の Talend データ統合ジョブだけを扱います。