tExtractJSONFieldsのセットアップ - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

手順

  1. tExtractJSONFieldsをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)をクリックして、スキーマエディターを開きます。
  3. 右側のパネルの[+]ボタンをクリックして、firstnamelastnamedeptの3つのカラムを追加します。これらのカラムは、対応するノードのデータをJSONフィールドstaffに保持します。
    [OK]をクリックして、エディターを閉じます。
  4. ポップアップ[Propagate] (プロパゲート)ダイアログボックスで、[Yes] (はい)をクリックしてスキーマを後続のコンポーネントにプロパゲートします。
  5. [Loop XPath query] (ループXPathクエリー)フィールドに、JSONデータのルートノードである"/staff"を入力します。
  6. [Mapping] (マッピング)エリアで、[XPath query] (XPathクエリー)部分でJSONデータのノード名を入力します。これらのノードのデータは抽出され、出力スキーマで定義された対応するカラムに渡されます。
  7. 具体的には、カラムfirstnameにはXPathクエリー"firstname"、カラムlastnameには"lastname"、カラムdeptには""を定義します。""は有効なXPathクエリーではなく、実行エラーにつながることにご注意ください。