tWriteJSONFieldのセットアップ - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

手順

  1. tWriteJSONFieldをクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  2. [Configure JSON Tree] (JSONツリーの設定)をクリックして、XMLツリーエディターを開きます。
    tFixedFlowInputのスキーマが[Linker source] (リンカーのソース)パネルに表示されます。
  3. [Linker target] (リンカーのターゲット)パネルで、デフォルトのrootTagをクリックし、生成するJSONフィールドのルートノードであるstaffを入力します。
  4. [Staff] (スタッフ)を右クリックし、コンテキストメニューで[Add Sub-element] (サブエレメントの追加)を選択します。
  5. ポップアップボックスに、サブノード名、つまりfirstnameを入力します。
    ステップを繰り返して、さらに2つのサブノード、つまりlastnamedeptを追加します。
  6. firstnameを右クリックし、コンテキストメニューで[Set As Loop Element] (ループエレメントとして設定)を選択します。
  7. firstname[Linker source] (リンカーのソース)パネルから[Linker target] (リンカーのターゲット)パネルの対応する場所にドロップします。
    ポップアップダイアログボックスで、[Add linker to target node] (リンカーをターゲットノードに追加)を選択します。
    [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  8. ステップを繰り返して、他の2つの項目をリンクします。
    [OK]をクリックして、XMLツリーエディターを閉じます。
  9. [Edit schema] (スキーマを編集)をクリックして、スキーマエディターを開きます。
  10. 右側のパネルの[+]ボタンをクリックして、staffカラムを1つ追加します。このカラムは、生成されるJSONデータを保持します。
    [OK]をクリックして、エディターを閉じます。