tHDFSInputを設定する - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

手順

  1. tHDFSInputコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)ビューを開きます。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にあるボタンをクリックして、前の手順で受信したスキーマが正しく定義されていることを確認します。
    このジョブを最初から作成する場合は、ボタンをクリックしてこれらのスキーマカラムを手動で追加する必要があります。スキーマが[Repository] (リポジトリー)で定義されている場合は、[Basic settings] (基本設定)ビューの[Schema] (スキーマ)リストから[Repository] (リポジトリー)オプションを選択して再利用できます。[Repository] (リポジトリー)でスキーマを定義する方法の詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』の「メタデータ管理」の章、または 『Talend Open Studio for Big Data入門ガイド』の[Repository] (リポジトリー)[Hadoop cluster] (Hadoopクラスター)ノードについての章を参照してください。
  3. スキーマに変更を加えた場合は、[OK]をクリックしてこれらの変更を検証し、ポップアップダイアログボックスに表示される伝達を受け入れます。
  4. [Folder/File] (フォルダー/ファイル)フィールドにパスを入力するか、ジョブに読み込むソースファイルに移動します。
    このファイルが使用するHDFSシステムにない場合は、[Standard] (標準)ジョブでtFileInputDelimitedおよびtHDFSOutputを使用するなどして、そのHDFSに保存する必要があります。