Map/Reduceコンポーネントを使って値の置換とカラムのフィルタリングを行う - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

このシナリオは、サブスクリプションベースのビッグデータ関連Talend製品にのみ適用されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

Map/Reduceコンポーネントを使用して、前述のジョブのMap/Reduceバージョンを使用できます。この Talend Map/ReduceジョブによりMap/Reduceコードが生成され、Hadoopでネイティブに実行されます。

Talend Map/Reduceコンポーネントはサブスクリプションのビッグデータユーザーのみが使用できます。また、このシナリオはMap/Reduceコンポーネントでのみ複製できます。

このシナリオで使用するサンプルデータは、前述のジョブで使用したものと同じです。データは次のとおりです。
streat;John;Kennedy;98.30$
streat;Richad;Nikson;78.23$
streat;Richard;Nikson;78.2$
streat;toto;Nikson;78.23$
streat;Richard;Nikson;78.23$
street;Georges *t;bush;99.99$
			

Talend Studio ではMap/Reduce[Standard] (標準) (非Map/Reduce)バージョン間でジョブを変換できるため、前に説明されたシナリオを利用してMap/Reduceジョブを作成できます。このように、多数のコンポーネントを元の設定で使用することにより、ジョブのデザインにおける作業負荷を軽減できます。

このシナリオに沿って作業をする前に、使用するHadoopディストリビューションへの適切なアクセス権限と許可があることをご確認ください。その後、次の手順に従ってください。