コンポーネントを設定 - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

手順

  1. tFixedFlowInputをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、プロパティを定義します。
  2. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックして、入力データのスキーマを定義します。この例では、スキーマは、LastName (String型)、Gender (String型)、Age (Integer型)、City (String型)という4つのカラムで構成されています。
    終了したら、[OK]をクリックしてスキーマ設定を確定し、ダイアログボックスを閉じます。新しいダイアログボックスが開き、スキーマを伝搬するかどうか尋ねられます。[Yes] (はい)をクリックします。
  3. 必要に応じて、該当するフィールドに行とフィールドの区切り記号を設定します。この例では、両方にデフォルト設定を使います。すなわち、行区切り記号はキャリッジリターンで、フィールド区切り記号はセミコロンです。
  4. [Mode] (モード)エリアで[Use Inline Content (delimited file)] (インラインコンテンツの使用: 区切りファイル)を選択し[Content] (コンテンツ)フィールドに入力データを入力します。
    この例で使う入力データを以下に示します。
    Van Buren;M;73;Chicago
    Adams;M;40;Albany
    Jefferson;F;66;New York
    Adams;M;9;Albany
    Jefferson;M;30;Chicago
    Carter;F;26;Chicago
    Harrison;M;40;New York
    Roosevelt;F;15;Chicago
    Monroe;M;8;Boston
    Arthur;M;20;Albany
    Pierce;M;18;New York
    Quincy;F;83;Albany
    McKinley;M;70;Boston
    Coolidge;M;4;Chicago
    Monroe;M;60;Chicago
  5. tFilterRowをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを表示し、そのプロパティを定義します。
  6. [Conditions] (条件)テーブルに4つの条件を追加し、フィルタリングパラメーターを入力します。
    • 最初の行のInputColumnリストフィールドからLastName[Function] (関数)リストフィールドから[Length] (長さ)Operatorリストフィールドから[Lower than] (未満)を選択し、[Value] (値)カラムに9を入力して、姓の長さを9文字に制限します。

    • 2番目の行のInputColumnリストフィールドからGender[Operator] (オペレーター)リストフィールドから[Equals] (等しい)を選択し、[Value] (値)カラムにMを二重引用符で囲んで入力して、男性のレコードをフィルタリングします。

      警告:

      [Value] (値)フィールドには、どのタイプの値も二重引用符の間に入力する必要があります。ただし、引用符を必要としない整数値は除きます。

    • 3行目のInputColumnリストフィールドからAgeを、[Operator] (オペレーター)リストフィールドから[Greater than] (上回る)を選択し、[Value] (値)カラムに10と入力して、下限を10年に設定します。

    • 4つの行のInputColumnリストフィールドからAgeを、[Operator] (オペレーター)リストフィールドから[Lower than] (未満)を選択し、[Value] (値)カラムに80と入力して、上限を80年に設定します。

  7. 条件を組み合わせるには、Andを選択します。定義されたすべての条件を満たすレコードのみが受け入れられるようにするためです。
  8. tLogRowコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)で、[Mode] (モード)エリアから[Table (print values in cells of a table)] (テーブル(テーブルのセルの出力値))を選択します。