コンポーネントをドロップしリンクさせる - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

手順

  1. 2つのtFileInputDelimitedコンポーネント、tJoinコンポーネント、2つのtLogRowコンポーネントを[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップし、上に示すようにジョブ内でのロールがはっきり特定できるようにラベル付けします。
  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用して、Main_Inputとラベル付けされたtFileInputDelimitedコンポーネントをtJoinコンポーネントに接続します。後者はCheckとラベル付けされています。
  3. 上記の手順を繰り返して、Ref_Inputとラベル付けされたtFileInputDelimitedコンポーネントをtJoinコンポーネントに接続します。この[Row] (行)接続は自動的にルックアップリンクとして表示されます。
  4. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使用して、tJoinコンポーネントをMatchesとラベル付けされたtLogRowコンポーネントに接続します。このリンクは、完全一致のデータを収集します。
  5. [Row] (行) > [Inner join reject] (内部結合リジェクト)接続を使用して、tJoinコンポーネントをRejectsとラベル付けされたtLogRowコンポーネントに接続します。このリンクは、リジェクトデータを収集します。