コンポーネントをドロップしリンクさせる - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、入力スキーマを保存した[Metadata] (メタデータ)とファイルノードを展開し、該当するファイルをデザインワークスペースにドロップします。
    [Components] (コンポーネント)ダイアログボックスが表示されます。
  2. リストからtFileInputDelimitedを選択し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    tFileInputDelimitedコンポーネントがワークスペースに表示されます。このシナリオで使用している入力ファイルは、ClientSampleという名前です。ここには、完全一致を実行する2つのカラムfirstnameClientlastnameClientを含む4つのカラムが含まれています。
  3. 参照として使用する2番目の入力ファイル(このシナリオではClientSample_Update)にも同じ手順を行います。
  4. コンポーネントtJointFileOutputExcel、およびtFileOutputDelimited[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします。
  5. [Main] (メイン)リンクを使用して、メインおよび参照入力ファイルをtJoinに接続します。参照入力ファイルとtJoinの間のリンクは、デザインワークスペース上ではルックアップリンクとして表示されます。
  6. [Main] (メイン)リンクを使用してtJointFileOutputExcelに接続し、[Inner join reject] (内部結合リジェクト)リンクを使用してtJointFileOutputDelimitedに接続します。