コンポーネントの設定 - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

手順

  1. tFileInputDelimitedコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [File name] (ファイル名)フィールドで、正規化する入力ファイルのパスを指定します。
  3. [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックして[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開き、Tagsという名前の1つのカラムを追加して、入力スキーマを設定します。終了したら、[OK]をクリックしてスキーマの設定を確定してダイアログボックスを閉じ、残りの設定はそのままにしておきます。
  4. tNormalizeコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  5. スキーマをチェックし、必要に応じて[Sync columns] (カラムの同期)をクリックして、スキーマを入力コンポーネントと同期します。
  6. 正規化オペレーションのベースとするカラムを定義します。
    このユースケースでは、入力スキーマにはカラムがTagsの1つしかないので、デフォルト設定をそのまま受け入れます。
  7. [Advanced settings] (詳細設定)ビューで、[Get rid of duplicate rows from output] (出力から重複行を削除する)[Discard the trailing empty strings] (後続の空の文字列を破棄)、および[Trim resulting values] (出力される値をトリム)チェックボックスをオンにします。
  8. tLogRowコンポーネントで、[Print values in the cells of table] (表のセルで値を表示)ラジオボタンをオンにします。