コンポーネントの設定 - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

手順

  1. デザインワークスペースでtRowgeneratorを選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックしてtRowGenerator]の基本設定を定義します。
  2. [Edit Schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックして、入力に使用するデータを定義します。このシナリオでは、スキーマは5つのカラムで設定されています。
  3. [Basic settings] (基本設定)ビューで、[RowGenerator Editor]をクリックして、生成するデータを定義します。
  4. [RowGenerator Editor]で、[Number of Rows for RowGenerator] (RowGeneratorの行数)フィールドに生成する行数を指定し、[OK]をクリックします。[RowGenerator Editor] (RowGeneratorエディター)がクローズされます。
  5. デザインワークスペースでtSampleRowを選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックしてtSampleRowの基本設定を定義します。
  6. [Basic settings] (基本設定)ビューで、[Schema] (スキーマ)[Built-In] (組み込み)に設定し、[Sync columns] (カラムの同期)をクリックしてtRowGeneratorコンポーネントからスキーマを取得します。
  7. 説明されているとおりに正しい構文を使用し、[Range] (範囲)パネルで行を選択するフィルターを設定します。このシナリオでは、1番目と5番目の行、そして9行目から12行目までの行グループを選択します。
  8. デザインワークスペースで、tLogRowを選択して、[Component] (コンポーネント)タブをクリックし、基本設定を定義します。tLogRowについて詳しくは、『tLogRow』を参照してください。