ダイナミックスキーマに基づくソートエントリ - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

このシナリオは、サブスクリプションベースのTalend製品にのみ適用されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

このシナリオでは、ダイナミックスキーマに基づいて入力ファイルのエントリをソートし、ソート結果を[Run] (実行)コンソールに表示し、出力ファイルに保存します。ダイナミックスキーマの機能については、 Talend Studioユーザーガイドを参照してください。

  • このユースケースに必要なコンポーネントtFileInputDelimitedtSortRowtLogRowtFileOutputDelimited[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします。

  • [Row] (行) > [Main] (メイン)リンクを使って、これらのコンポーネントを相互に接続します。

  • tFileInputDelimitedコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。

警告:

ダイナミックスキーマ機能は[Built-In] (組み込み)モードでのみサポートされており、ヘッダー行を付けるには入力ファイルが必要になります。

  • [Property Type] (プロパティタイプ)リストから[Built-In] (組み込み) を選択します。

  • [File Name] (ファイル名)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックして、入力ファイルを参照します。このユースケースでは、入力ファイルcars.csvID_OwnerRegistrationMakeColorID_Resellerという5つのカラムがあります。

  • [Header] (ヘッダー)フィールドにヘッダー行を指定します。このユースケースでは、最初の行がヘッダー行になります。

  • [Schema] (スキーマ)リストから[Built-In] (組み込み)を選択し、[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックして、入力スキーマを設定します。

警告:

ダイナミックカラムはスキーマの最後の行で定義する必要があります。

  • スキーマエディターで2つのカラムを追加し、それぞれにID_OwnerおよびOtherという名前を付けます。Otherカラムのデータ型をDynamicに設定して、スキーマで定義されていないすべてのカラムを取得します。

  • [OK]をクリックしてスキーマをプロパゲートさせ、スキーマエディターを閉じます。

  • tSortRowコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。

  • [+]ボタンをクリックして[Criteria] (条件)テーブルに行を追加し、[Schema column] (スキーマカラム)Otherを選択し、ソートのタイプとしてalphaを選択し、データ出力の順序にascendingまたはdescendingを選択します。

警告:

ダイナミックカラムのソートは、ソートのタイプがalphaに設定されている場合にのみ機能します。

  • 出力をテーブル形式で[Run] (実行)コンソールに表示するには、tLogRowコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューで[Table] (テーブル)オプションを選択します。

  • tFileOutputDelimitedコンポーネントをダブルクリックして、[Basic Settings] (基本設定)ビューを表示します。

  • [File Name] (ファイル名)フィールドの横にある[...]ボタンをクリックして、出力ファイルを保存するディレクトリーを参照し、ファイルの名前を入力します。

  • [Include Header] (ヘッダーを含める)チェックボックスをオンにすると、ソートされたデータだけでなくカラム名も取得されます。

  • ジョブを保存し、F6を押して実行します。

    ソート結果は[Run] (実行)コンソールに表示され、出力ファイルに書き込まれます。