コンポーネントを設定 - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

手順

  1. デザインワークスペースで、tRowGeneratorをダブルクリックしてエディターを開きます。
  2. [+]ボタンを7回クリックして、スキーマに7つのカラムを追加します。それぞれにidfirstNamelastNamestreetcityStatesotherDataと名前を付けます。
  3. [Type] (タイプ)カラムではid[Integer] (整数)、その他すべてのフィールドに[String] (文字列)を選択します。
    [Functions] (関数)カラムで、スキーマの各カラムに適用する関数を選択します。
    [OK]をクリックして設定を確定し、エディターを閉じます。
    ポップアップウィンドウが開き、変更をプロパゲートするように求められます。[Yes] (はい)をクリックします。
  4. デザインワークスペースでtWriteDynamicFieldsコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Edit schema] (スキーマを編集)の横にある[...]ボタンをクリックして、コンポーネントのスキーマを設定します。
  5. スキーマエディターでotherDataカラムをクリックし、をクリックしてカラムを出力側に追加します。
    この方法では、カラムは出力に表示されますが、ダイナミックカラムには含まれません。
  6. 出力エリアで[+]ボタンをクリックして、カラムを追加します。
    columnDynamicという名前を付け、その[Type] (タイプ)[Dynamic] (ダイナミック)に設定します。
    警告:

    ダイナミックカラムはスキーマの最後の行で定義する必要があります。

    警告:

    カラム名は、エディタの両側で正確に同じである必要があります。そうしないと、出力カラムが認識されません。

  7. [OK] をクリックして変更を確認し、エディターを閉じます。
    警告:

    ダイナミックスキーマ機能は、[Built-In] (組み込み)モードでのみサポートされています。

    エディターの出力エリアにないすべてのカラムは、ダイナミックカラムに含まれます。
  8. デザインワークスペースで最初のtLogRowをダブルクリックして、その[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
    [Mode] (モード)エリアで、[Table (print value in cells of a table)] (テーブル(テーブルのセルの出力値))オプションを選択します。
  9. デザインワークスペースでtWriteDynamicFieldsコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックします。
  10. 左側のエリアでtExtractDynamicFieldsスキーマに追加するカラムを選択し、ボタンをクリックしてコピーします。
    [OK]をクリックしてエディターを閉じます。
  11. デザインワークスペースでtExtractDynamicFieldsコンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Edit schema] (スキーマを編集)の横の[...]ボタンをクリックします。
    スキーマエディターで出力エリアのボタンをクリックして、tWriteDynamicFieldsコンポーネントからコピーしたカラムを貼り付けます。
    入力エリアで、ダイナミックカラムをクリックし、ボタンをクリックして、ダイナミックカラムを出力スキーマに追加します。
    [OK] をクリックして変更を確認し、エディターを閉じます。
  12. デザインワークスペースで2番目のtLogRowをダブルクリックして、その[Basic settings] (基本設定)ビューを表示します。
  13. [Mode] (モード)エリアで、[Table (print value in cells of a table)] (テーブル(テーブルのセルの出力値))オプションを選択します。