コンポーネントを設定 - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

手順

  1. tFixedFlowInputをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Mode] (モード)エリアで[Use Inline Content (delimited file)] (インラインコンテンツの使用)を選択します。
  3. [Content] (コンテンツ)フィールドに、tWriteDynamicFieldsに渡すデータを入力します。たとえば、以下のようにします:
    1;Andy;Doc
    2;Anderson;Dev
  4. [Edit schema] (スキーマを編集)ボタンをクリックして、スキーマエディターを開きます。
  5. [+]ボタンをクリックして、3つのカラム、つまり整数型と文字列型のidnamedeptをそれぞれ追加します。
  6. [OK]をクリックして設定を確定し、エディターを閉じます。
  7. tWriteDynamicFieldsをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  8. [Edit schema] (スキーマを編集)ボタンをクリックして、スキーマエディターを開きます。
  9. 右パネルで[+]ボタンをクリックして2つのカラムを追加します。つまり、整数型とダイナミック型のiddynamicをそれぞれ追加します。
    カラムidにはtFixedFlowInputからのカラムidの値、カラムdynamicにはtFixedFlowInputからのカラムnamedeptの値が含まれています。
  10. [OK]をクリックして設定を確定し、エディターを閉じます。
  11. tLogRowをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Table (print values in cells of a table)] (テーブル: テーブルのセルに値を印刷)を選択して、結果を読みやすくします。
  12. tJavaRowをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  13. [Code] (コード)フィールドにJavaコードを入力して、ダイナミックカラムdynamicのコンテンツを抽出します。
    Dynamic columns = row3.dynamic;
     
    for (int i = 0; i < columns.getColumnCount(); i++) {  
        DynamicMetadata columnMetadata = columns.getColumnMetadata(i);  
        System.out.println(columnMetadata.getName() + ": " + 
    columns.getColumnValue(i) + "; " + columnMetadata.getType());
    } 
    そこに含まれるカラムの名前、値、およびタイプを取得するために、フローrow3のダイナミックカラムdynamicが指定されます。