ジョブを設定して実行 - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

tRowGeneratortMaptWriteJSONFieldtLogRowコンポーネントを設定し、tMapコンポーネントに一定値のフィールドを追加します。

手順

  1. 次のコンポーネントで標準ジョブを作成します。
    • tRowGenerator
    • tMap
    • tWriteJSONField
    • tLogRow
  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使ってコンポーネントを接続します。
  3. プロンプトが表示されたら、出力名としてwithloopを追加します。
  4. tMapを選択し、[Map Editor] (マップエディター)を開きます。
  5. tmapを次のように構成します:
  6. 定数値の新しいフィールドが追加されていることをご確認ください。このシナリオでは"x"を使用します。変更を保存します。
  7. tWriteJSONFieldを選択し、ダミーのループ要素を使用してコンポーネントを構成します:
  8. tWriteJSONFieldの出力スキーマを編集して、フィールドが1つだけになるようにします:
  9. tWriteJSONFieldでは、[Component] (コンポーネント) > [Basic Settings] (基本設定) > [Group by] (グループによって)アクセスします。クリック + 入力カラムに[loop] (ループ)を追加すると、出力カラムにjsonが自動的に入力されます。
  10. [Remove root node] (ルートノードの削除)チェックボックスをオンにすると、ルートエレメントは出力になりません。
  11. ジョブを実行して、単一の文字列JSON配列で出力を取得します。次の図は、tRowGerneratorコンポーネントの[Number of rows for RowGenerator] (RowGeneratorの行数)5に設定した場合に生成される結果を示しています。