JSONツリーの設定 - 7.3

処理(インテグレーション)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント

JSONツリーを設定する場合、エレメントのデフォルトタイプは文字列になります。エレメントが[string] (文字列)タイプでない場合は、エレメントのタイプを設定するための属性を追加する必要があります。

  • integerdoublefloat、またはbooleanエレメントの場合は、[type] (タイプ)という名前の属性を追加し、その固定値をそれぞれ[integer] (整数)[number] (数値)[float] (浮動小数点)、または[boolean] (ブール値)に設定する必要があります。

  • arrayエレメントの場合は、classという名前の属性を追加し、その静的値をarrayに設定してから、elementという名前のサブサブエレメントをループとして追加する必要があります。

  • [object] (オブジェクト)エレメントの場合は、classという名前の属性を追加し、固定値をobjectに設定する必要があります。

次の図は、JSONツリー設定の例を示しています。