tFileOutputProperties標準プロパティ - 7.3

[Properties] (プロパティ)

Version
7.3
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > プロパティ
データガバナンス > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > プロパティ
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > ファイルコンポーネント > プロパティ

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtFileOutputPropertiesを設定するために使います。

Standard tFileOutputPropertiesコンポーネントはファイルファミリーのコンポーネントです。

このフレームワーク内のコンポーネントは、すべてのTalend製品で使用できます。

基本設定

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明で、処理された後に次のコンポーネントに渡されるフィールドの数を定義するものです。スキーマは[Built-in] (組み込み)か、[Repository] (リポジトリー)にリモートで保存されます。

このコンポーネントの場合、スキーマは読み取り専用です。これは、コピーするパラメーター名とパラメーター値に対応する2つのカラム[key] (キー)[Value] (値)で構成されています。

[File format] (ファイル形式)

リストファイル形式から.properties.iniのどちらかを選択します。

 

.properties: 設定ファイルのデータは2行で記述され、key = valueのように構造化されます。

 

.ini: 設定ファイルのデータは2行で記述され、key = valueとセクションで再グループ化されたように構造化されます。

[Section Name] (セクション名): 繰り返しの基礎となるセクション名を入力します。

[File name] (ファイル名)

処理されるファイルへの名前またはパス、または使用される変数。

ジョブで変数を定義して使用する方法の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

警告: エラーを避けるために、このフィールドには(相対パスの代わりに)絶対パスを使用します。

詳細設定

[Encoding] (エンコーディング)

リストからエンコーディングを選択するか、[CUSTOM] (カスタム)を選択して、手動で定義します。このフィールドは、DBデータ処理で必須です。

[tStatCatcher Statistics] (tStatCatcher統計)

このチェックボックスをオンにすると、ジョブレベルやコンポーネントレベルでジョブ処理メタデータが収集されます。

グローバル変数

[Global Variables] (グローバル変数)

NB_LINE: 入力コンポーネントによって読み取られた行の数、または出力コンポーネントに転送された行の数。これはAfter変数で、整数を返します。

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、Die on error (エラー時強制終了)がオフになっている場合にのみ機能します。

Flow変数はコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + Spaceを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、『 Talend Studio ユーザーガイド』を参照してください。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントを使い、構造key = valueに従ってデータが編成されているファイルを書き込みます。