Data Mapper: 新しい機能 - 7.3

Talend Data Integration製品リリースノート

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for Data Quality
task
インストールとアップグレード
リリースノート

機能

説明

フラットナー 新しいフラット化アルゴリズムにより、既存の階層構造に基づいてフラット構造を作成できるようになりました。
変数ブロック形式のCobolファイルのサポート Talend Data Mapperで、レコード記述語やブロック記述語が含まれているCobolファイルを読み取れるようになりました。新しいパラメーターにより、Cobol表記プロパティでこの機能を有効にできるようになりました。
新しいランタイムにおける機能および機能のサポート 新しい非Eclipseランタイムで以下の項目をサポートされるようになりました。
  • DatabaseLookup機能とDatabaseLookupAndUpdate機能
  • tHConvertFileコンポーネント
  • X12 HIPAAおよびEDIFACTのドキュメント
tHMapFileでのマージオプション tHMapFileコンポーネントに、大きな入力ファイルの使用時に作成されるパーツファイルをマージできる新しいオプションが追加されました。
JSONサンプルインポーターの向上 Talend Data Mapperが、混合データタイプの配列が含まれているJSONサンプルファイルを解析できるようになりました。
ObjectIdエクステンションのサポート MongoのObjectIdエクステンションがJSONファイルでサポートされるようになりました。
tAzureFSConfigurationのサポート データマッピングコンポーネントがtAzureFSConfigurationコンポーネントをサポートするようになったため、Azureファイルシステムに対する読み書きが可能になりました。
Log4j2のサポート Talend Data Mapperで、SLF4J実装を介してLog4j1とLog4j2がサポートされるようになりました。