R2020-04 - 7.3

Talend Data Integration製品リリースノート

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for Data Quality
task
インストールとアップグレード
リリースノート

R2020-04 Studio月次アップデートには新機能とバグ修正が含まれています。

この月次リリースには、これまでの7.3月次リリースに追加されてきた変更や修正もすべて含まれています。新しい機能とバグ修正の完全なリストは、R2020-04の変更ログ(英語版)を参照してください。

警告:
  • 同じプロジェクトに接続しているどのTalend Studioクライアントにも同じパッチがインストールされている必要があります。プロジェクトに接続しているStudioを更新する場合は、そのプロジェクトに接続しているStudioもすべて更新する必要があります。
  • パッチを適用する前に、現在のTalendバージョンでバックアップタブかバックアップブランチを作成してください。

Data Integration: 新しい機能

機能

説明

tWriteXMLField、tCosmosDBOutput、tMongoDBOutputによる新しいオプション

  • tWriteXMLFieldコンポーネントで、[Ignore service attributes for empty elements] (空のエレメントでサービス属性を無視)というオプションを利用できるようになりました。
  • tCosmosDBOutputコンポーネントとtMongoDBOutputコンポーネントでは、[Ignore service attributes for empty elements] (空のエレメントでサービス属性を無視)と、[Create empty element if needed] (必要であれば空のエレメントを作成)という2つのオプションを利用できるようになりました。

Data Mapper: 新しい機能

機能

説明

マップのフラット化 フラット化機能が改良され、入力階層構造が新しいフラット出力構造で自動的にマッピングされるようになりました。
LoopIndexのプロパティ LoopIndex関数に新しく追加されたプロパティによって、入力ループや出力ループでインデックス計算を構成できるようになりました。
CSV表記のプロパティ CSV表記で新しく追加されたプロパティによって、ストラクチャーに_osdtTerminatorフィールドを含めるかどうかを選択できるようになりました